FC2ブログ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

教育訓練給付制度を活用しましょう 

教育訓練給付とは、労働者や離職者が自ら費用を出し、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合に、かかった経費の一部を支給する制度です。

対象講座も、英会話、WEBデザイナー、インテリアコーディネーター、各種資格試験など多岐にわたり網羅されています。
対象講座は、ハローワークでの一覧表閲覧や、WEBでも検索できます(教育訓練口座検索システム)。

【給付を受けることができる方】
・雇用保険の一般被保険者又は一般被保険者であった方
・支給要件期間が3年以上(初回は1年以上)ある等の条件を満たす方

【給付額】
受講生本人が支払った教育訓練経費の20%に相当する額(※)。
※上限10万円。4千円を超えない場合は支給されません。

自身のスキルアップを図りたい方は、この制度を利用しない手はありません。
自身が目指したい資格やスクール等が対象となっているかどうか、確認してみましょう。

※注意:制度改定が予定されています
教育訓練給付制度は、平成26年10月より、支給要件期間の見直しや給付率の引き上げ(40%)、上限額の引き上げ等が予定されています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-01.pdf


この記事はお役に立ちましたか?
↓お役に立ちましたらクリックをお願いします。
ninkiblog_01.gif

↓たきしま社労士事務所のHPです。手続きのご依頼はこちらまで。
bn_jimsyo_green.gif

社会保険新規加入手続きは「創業サポートパック」で!
・お得な給与計算アウトソーシングプランもご用意しています。
スポンサーサイト
[ 2014/05/13 13:03 ] 参考 | トラックバック(-) | コメント(-)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。